スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【遥か地平線の彼方へ】第一章(18)

←第17話

第一章(18)

「で、任せて大丈夫だったのか?」
「ええ……あの方なら大丈夫なんですが……はぁ」
 ルドルフが帰った後、ランツに確認を取ると、ランツは盛大に嘆息した。
「あいつがどういう人かってのは、話せないんだよな?」
「はい」
「まぁ、ランツの対応を見る限り、さぞ、やんごとなきお方だろうこと見当付くけどな」
「大体はそういうことでいいです」
「で、そんな人が『任せろ』というからには任せていいと?」
 ミハエルはランツに確認を取る。その問いに、ランツは苦笑いしながら首を縦に振った。
「へぇ……そうかい。……まぁ、ランツは男爵家のご子息だからなぁ。そういう交友関係もお有りでしょうて」
 エッカルト大公家の交友関係から、多くのロルカ貴族と面識はあるが、さすがにミハエルもマイエンタルを含めた貴族全員を把握しているわけではない。
 さしずめ、ケストナー家領近辺の伯爵とか侯爵とかの嫡男、といったところかな。ミハエルはひとり納得した。
「何を言っているんですか。ミハエルこそ、意外な知り合いを持っているそうじゃありませんか?」
「意外な知り合い?」
 なんだろう、とふと考える。……でも、それに該当するような人は……
「ほら、今日来た留学生の方ですよ」
「ああ。確かに、幼馴染だよ」
「…………」
 ランツの質問の意図をつかめたミハエルは、問に肯定した。……のだが、ランツはそれっきり押し黙ったままだ。
「……ランツ?」
「う、噂なのですが……ミハエルが、その留学生の方と会った途端に熱い抱擁を交わして……」
「ら、ランツ?」
 見ると、ランツは耳まで真っ赤にしてどもってしまっている。
「せ、せ、接吻まで交わした……と……聞いたんです……が」
「は?」
 ミハエルはランツの言いたいことが再びわからなくなった。接吻って、確か、キスのことだよな、と自問してみても実感がない。
「情熱的なのはわかりますが……そういうことは人前でやらないほうがいいかと……」
「え……いやいやいや! 俺はだな……」
「軍の士官としての振る舞いをですね……」
「だ、か、ら! 俺はそういうことやってないって!」
「へ?」
 ミハエルがはっきり否定すると、ランツは目が点になってその場で固まった。
「そ……そうですよね! あはは、私としたことが、こんなことでうろたえてしまうなんて……」
 ランツは、真っ赤になまま顔を引きつらせて、さらには声が完全に上ずっていた。
「何か? ランツ。もしかして羨ましいのか?」
 いつも自信たっぷりで、歳不相応なくらいしっかりしているランツの、こんなあわてた様子を見てしまうと、ものすごくからかいたくなってくる。
 少しだけ姉さんの気持ちがわかったような、と思うミハエルであったが、すぐに「そんなことはない」と心の中で訂正する。
「そ、そんなことないですよ」
「そうかそうか。なら今度サラを紹介してやるから、な」
「そういう問題ではありませんっ!」
 ぷい、とランツは俺に背を向ける。
 その様子に、つい姉の気持ちがわかりそうになるミハエル。
「っていうか、今の言葉からして……ランツってサラのこと知ってるのか?」
「……私とて貴族の端くれ。ド・ベルス公爵のご息女がブラスィヤ陸軍士官学校をわずか十五で首席卒業したことくらいは耳にしています」
「そんなに有名なんだ」
「女の方で士官学校を卒業できるということだけでも十分有名になります。しかも首席です」
 ランツは少し間をおいて、もう一度口を開く。
「私が知る限り、匹敵するのはローゼ殿下……あとは現カルヴァート女王陛下くらいなものです」
「姉さんも?」
 思いがけず身近な人の名前が挙がり、動揺するミハエルだったが、なぜか納得してしまう。
「まぁ……確かにすごいと思うけどさ。身内のことだけに実感が……」
 学内演習と呼ばれる実地訓練で、史上初本科一年での最優秀賞なんてものを間近に見てしまった記憶が蘇る。
「兵たちの人気も高いようですし、決断力もあります。殿下の参謀は仕事がやりやすいでしょう」
「……いや、別の意味でやりにくいかも」
 主に姉の性格面の問題で、とミハエルは付け足す。
「それは褒めてくれてるのかにゃ~?」
「どわぁ!」
 いきなり背後に声を感じたミハエルは、急いで飛びのいた。
「もう……いつもいつも、もうちょっと優しい反応はできないものかにゃ~?」
「気配消して立たないでください!」
「うわ、酷い反応だにゃ~」
「……っていうか、いつの間に入ってきたんですか」
「今にゃ」
 ローゼは部屋のドアを指してにやりと笑った。今ということは、さっきの「姉さんが指揮官として優れてる」とか「サラを紹介してやろうか」とかの話は聞いてないということになる。
「…………」
「……無視はいくないよ~」
「……ランツ、で、明日の授業だけど……」
「フォローなしかよ」
「あの? いいんですか?」
 ランツがオロオロしている。
「どうぞどうぞ、いつものことだから」
「うわーん! ミハエルがいぢめる~!」
「ひぎゃ!」
 嘘泣きでランツへ抱きつきに行く姉を、ミハエルは生暖かく見送る。
 例によって窒息しそうなあたりでローゼを引き剥がし、渋る様子に説教しながらミハエルは溜息をついた。
「あ、そうだそうだ。もうちょっとしたらサラが来るんだったわ。何だかの手続きで時間かかってるけど」
 ローゼは不意に手を叩きながら、思い出したように言う。
「そっか……」
「ランツくんにも紹介できるしね」
「本当にいい子よ、サラちゃんは!」
「……姉さん、今日あったばっかりじゃないですか」
「いい子はその場でわかるのよ。ランツくんだって会った瞬間わかったもの」
「いや、会った瞬間もなにも、そのときすでにスイッチが入ってたような……」

――コンコン。






遥か地平線の彼方へ 過去ログ
キャラクター紹介
キャラクター紹介2
プロローグ
第一章 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19) (20) (21) (22) (23) (24) (25) (26)
スポンサーサイト

女声の練習4週間目

あと数日で4週間ですか……
……まぁ、1ヶ月未満じゃまだまだこの程度。あと数ヶ月やってみないことにはまともな声は出せないでしょうが……はてさて、成長はしてるんでしょうかね^^;

1つ目
2つ目


これで低い声出せれば、それはそれで成功なんですがね……まだ裏声でしかない声ですか……かなり不自然です^^;

【遥か地平線の彼方へ】第一章(17)

第一章(17)

「お、ランツ、今帰りか?」
「ええ。調べものも終わりましたので」
 日が傾く前に寮に戻ってきたミハエルは、図書館帰りのランツと肩を並べて部屋へ向かう。
 そしていつもと同じようにその扉に手をかけ、開く。
 ……開く。
 ……そう、開いたのだ。
「何……これ?」
「…………」
 別段部屋がどうこうなっているわけではなく、特にどうということはないようであるが……一箇所どうこうなっている場所がある。
 ――なぜ、窓が割れている?
「空き巣かっ!?」
「……いえ……そういうわけでは……ないよう……で……す」
 妙に歯切れ悪いランツは、顔を引きつらせてある一点を見つめている。
「ランツ? どうした?」
「……なぜこんなところにいらっしゃるのですか!」
 ランツは、これまで聞いたことのないような大声で叫んだ。
「……ん……あ」
 その視線の先には、俺のベッドで丸まっている、ランツと同い年くらいの少年が一人、すやすやと寝息を立てている。
「……おお、ランツか。待っておったぞ」
 やたらと尊大な喋り方の少年は、伸びをするとランツに微笑みかけた。
「週末にはご拝謁すると何度も言っているではないですか! 御付の者はどうなされたのです!?」
「あいつらは煩くて敵わん。おお、きちんと追手はまいてきたぞい」
「そういう問題ではありませんっ!!!」
「ランツは余と会いたくないと申すか?」
「そんなことはありませんが……」
 ランツがたじたじになっている。普段から、ともすれば自分よりしっかりしているのではないだろうかと思うランツがこのようになっていることに、ミハエルは新鮮なものを感じた。
「おお、お主がランツの同室者のミハエル・シュレーディンガーか。話はランツから聞いておるぞ」
「は、はぁ」
 いきなり話を振られて、全く事情が飲み込めないミハエルは生返事しか返せなかった。
「あ、あの……どちら様でしょう……?」
「おお、そういえば余はまだ名乗っていなかったな。余は……」
「ああ~! ダメです!!! いくらミハエルでもダメです!!!」
 ランツは、今まで見たことないほどの狼狽振りでその少年を制止した。
「何事じゃ、ランツ?」
「そうだ。どうしてダメなんだ?」
「いえ……諸問題が……ああ! これ以上ややこしくしないでください……」
 ランツは完全に動転して、天を仰いでいる。
「仕方がないのう……余はルドルフという者だ。ランツとは幼い頃からよく遊んで追った仲じゃよ」
「はぁ」
 ルドルフと名乗った少年は、ベッドに乗ったまま、ミハエルをすっかり見下していった。
 ふぅ、とランツは溜息をこぼす。
 ロルカ人名では一般的な「ルドルフ」を、どうしてランツは隠そうとしたのか。
「ランツの部屋がここだと聞いてのう。入ろうと思うたのだが鍵がかかっていてな。仕方ないから窓から入ったのだ」
「仕方ないからって入らないでください……」
 妙に悲痛な叫びでランツは嘆息した。
「窓……どうするんだ?」
 割れているし、直すのにも報告が面倒だ、とミハエルは思った。
「心配はいらぬ。すべて余がなんとかする」
「それは……もちろん責任とって貰いますよ」
「ランツは相変わらずじゃのう」
「……はぁ」
 小生意気な来訪者は、しばし歓談をしてから、再び「窓から」出て帰った。
 しばらくランツの気が立っていたのはいうまでもなく。

女声練習24日目の声……?

やはり、声量がないので雑音その他が酷いですね……
まぁ、半年はかかると思ってたのですが、それ以上かも^^;

9月23日の分

はたして出せるようになるのかな……これ(汗

女声練習3週間目

ようやく「喉を絞める」と「緊張をほぐす」の意味がわかってきました^^;
あと、「喉の下の方を使う」ですが、なんとなくこの声を出しているときは喉と身体の付け根辺りから響いていて、喉仏が震えていない声になってきるみたいです。
……これ、なのかな……?(汗

まぁとりあえず↓

女声練習3週間目の声

まぁ、テキストってのは白雪姫なんですがw

はるかなヒロインのカップサイズ+自キャラで三国志能力値

まぁ、3サイズは決めてましたがカップサイズまでは……
需要あるのかなーと思いながらも、こういうサイトさんがあったので測定してみました。
(なお、3サイズ決める際は若干妹の意見を参考にしましたが……妹自身が小学生体型+身長なために参考になったのかあやしいので^^;)

サラ
001_layer45.png
155cm 85-58-83 Eカップ E(65)

思ったより随分とありました^^;
個人的にはDくらいだと思ってたのですが……なにより、さすがメインヒロイン。
ただ、欧米だと日本のカップサイズ表記より1段階くらい大きいので、欧米的にはDカップになるのかな……(汗

ローゼ
001_layer43.png
176cm 93-61-89 Fカップ F(70)

設定上巨乳にしただけはありますね^^;
まぁ、身長が170cmオーバーなので、理想とされるバストサイズより若干小さめだとのこと。
……いや、十分ありますがな^^;

ヘレーネ
001_layer35.png
157cm 82-57-79 Dカップ D(65)

まぁ、欧米的にはCなので、標準と言ったところでしょうか。

ヒルデ
ヒルデ
156cm 77-56-80 Bカップ A(60)

後輩+ボーイッシュって感じで書いてますが、意外とBありましたね……^^;
私はてっきりAかと。
……だいたい、作中でも本人は胸が小さめなこと気にしてますが……まぁ、日本基準のBなのであちらではAなのかな……と^^;

咲子
咲子
150cm 73-56-78 Aカップ AA(65)

ま、まぁ、日本人ですし……需要に対する供給が(ry
希少価値ということにしておきましょう^^;



さて、今度は以前から、ちょくちょく遊んでいたコーエーの三国志10のエディットによる、はるかなのキャラクターの能力値などを。

ミハエル・シュレーディンガー
ミハエル
統率71 武力77 知力82 政治71 魅力85
能力:農業 商業 技術 改修 治安 火矢 鎮静 隠密 混乱 抗弁 揚足 論破 軍師 間諜

サラ・ド・ベルス
001_layer45.png
統率93 武力68 知力95 政治18 魅力85
能力:技術 改修 治安 訓練 突撃 火矢 一斉 鎮静 奇襲 隠密 同討 誘引 混乱 地理 揚足 論破 軍師

ローゼ・フォン・エッカルト
001_layer43.png
統率95 武力91 知力80 政治65 魅力93
能力:改修 治安 訓練 突撃 火矢 一斉 鎮静 鼓舞 奇襲 隠密 足止 誘引 地理 回復 気炎 受返 弾返 三段 威圧 名士

ヘレーネ・フォン・シュタールブルク
001_layer35.png
統率61 武力5 知力88 政治73 魅力82
能力:農業 改修 治安 鎮静 鼓舞 威圧 抗弁 反論 揚足 論破 名士

ランツ・フォン・ケストナー
001_layer58.png
統率20 武力2 知力94 政治97 魅力38
能力:徴兵 火矢 一斉 鎮静 奇襲 隠密 足止 誘引 混乱 地理 抗弁 反論 揚足 論破 挑発 軍師 間諜

ブリュンヒルト・ファン・ベートホーフェン
ヒルデ
統率50 武力48 知力52 政治11 魅力77
能力:改修 治安 火矢 鼓舞 地理 回復 気炎

相馬咲子
咲子
統率1 武力63 知力78 政治71 魅力73
能力:商業 治安 抗弁 反論 揚足 論破 挑発

ヴィンツェンツ・フォン・ブラウアー
ヴィンツェンツ
統率68 武力41 知力80 政治75 魅力53
能力:技術 改修 徴兵 一斉 鎮静 誘引 混乱 地理 威圧 揚足 論破 軍師 名士



……うーん、相変わらずローゼがチートすぎる^^;





遥か地平線の彼方へ 過去ログ
キャラクター紹介
プロローグ
第一章 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16)

ブログ1周年

さて、昨年の本日は、このブログが開始された日です。
まぁ、誕生日ですねw

組曲「微分積分」や「線形代数」をアップしたころが懐かしいですね……

とはいえ、今日は祝賀的なことも何もなく、とある友人に複素関数論教えないといけないので泊まりがけです^^;

来週から定期テスト期間に入りますが……クラブや学会など、それどころではないかも(汗

女声を出そうとして2週間がたちました

女声練習も2週間目になりました^^;
さて、相変わらず裏声から脱却しきれず、なかなか上手くいきません(汗
安定させようとすると地声が前面に出てきますし、これがなかなか^^;

2週間目の声

うーん……難しいですね。

プロジェクトX風MAD『ジョン・ネイピア~対数を「発明」した技術者の夢』



さて、政歴M@D祭への参加作品です。科学史……というか、数学史としての対数の誕生についてです。
まぁ、私も最初は「対数って何のためにあるんだ? こんなややこしいことして」と思ったこともありますが、電子デバイスとかでかなりつかうんですよね、これが。非常に便利です^^
また、その誕生の過程をしって、つまり紙式計算機としての対数と知ってから、「発明者」のネイピアの偉大さに驚嘆しました。

なお、普通数学は定理を見つけた場合「発見」と称します。しかし、ネイピアは自身がエンジニア的側面を持っていたこと、さらに本人が「発明者」として論文に名前を載せていることから、「発明」としました。

この「発明」が陰に潜んでいる生でしょうか、私はネイピア数「e」が人工的な美しさを持つ定数に思えてきて^^;
なお、円周率πは純粋に自然から取り出された美しさって感じですがw

【遥か地平線の彼方へ】第一章(16)

第一章(16)

 さて、とその日ミハエルは、先日の喫茶店で一息ついていた。
 手には紅茶の一件の少女のハンカチが一枚。もちろん、昨日洗濯した。か、返しそびれただけなんだからな、と柄にもないことを心の中で叫ぶ。
 勝手がわかる知り合いの女性以外へ自分から声をかけることに、ミハエルは動揺していた。それに、だいたいあの子が今日もここに来るって保証、どこにもないはずだ。待ちぼうけになること請け合いだと薄々感じる。
 というよりも、待つ約束どころか名前も聞いてないから、待ちぼうけという表現自体が適切か怪しい。
 ――と。
「……あ」
「や、やぁ」
 思わず声が上ずる。
「あ、あの、これ、昨日はありがとう」
 少女は目を丸くしたまま驚いているので、ミハエルは思わず説明口調になる。
「あ、ちゃんと洗っておいたから……その、迷惑、だったかな……?」
「……ちが……」
「え?」
 少女は、何か言いたげに首を上げたが、すぐに横に振り、ミハエルの手からハンカチを受け取る。
 そして、そのままミハエルに向かい合うように同じテーブルに座る。
「え……」
 何事もなかったかのように、少女は前のように感情が読みにくい表情をしたままだった。
「…………」
「…………」
「…………」
「……あー」
「…………」
「……うーん」
「…………」
「……まぁ」
「…………」
「……その~」
「…………」
「な、何か気に入らないこと、言った?」
「…………」
 ふるふる、と少女は首を振る。
 とはいえ、無言のまま見つめられては、ミハエルもたまらない。
「い、いつもここに来てるの?」
 コクリ、と少女は頷く。
「そっか……」
「お、お客様、ご注文の品です」
 ちょうどそのとき、昨日の店員の声で会話のようなものは中断された。
 今度は、ひっくり返されることもなく、無事にティーカップがテーブルに置かれる。
 ……ちょうど、二人分。
(店員さん、もしかして、勘違いしてますか……?)
 ミハエルは思わず店員を見る。
「……なぜウィンクする……?」
「……?」
 完全に誤解受けていることを察しつつ、ミハエルは少女に向きなす。
「……まぁいいや。いただこうか」
「……ます」
「いただきます」
 少女は、ティーカップを口につけ、紅茶を上品に口に含んだ。ミハエルは少し遅れて、茶葉の芳しい香りを味わい、彼女を眺めた。
 柔らかな木漏れ日の下、名も知らぬ少女は優しい風に髪を濡らしている。
「…………」
「いい天気だなぁ」
 ほんの少し、少女は目を細めたような気がした。
「…………」
「ふう……美味かった」
「…………」
ミハエルの声に、少女は手を合わせる。
「……何?」
「……合図」
「合図?」
「……食べ終わったとき」
「ああ……」
「……大和の」
「え?」
「……大和から来たから」
「ああ! なるほど……」
 肌の色から東方の人であることはわかっていたものの、それが最も遠いところからやってきた人だったとは、ミハエルも驚いた。
「秋津人かぁ……その割りに、肌が白いけど」
「……そ」
 ようやく会話らしい会話が成立した矢先、少女は再び黙り込んだ。
 訪れる沈黙。
「また明日もここに来るの?」
「…………」
少女はわずかに頷く。
「またお話させてもらってもいいかな?」
「……別に」
「わかった。じゃあ、また明日」
「……さよなら」
 少女は座ったまま俺に一瞥くれると、取り出した本に視線を落とした。





遥か地平線の彼方へ 過去ログ
キャラクター紹介
プロローグ
第一章 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15)

政歴M@D祭に参加します

9月11日、ニコニコ動画にて、政歴M@D祭があるそうです。
なお、今回私は科学史にて参戦します。一応、以下祭りのコピペを。

大会名:9.11政歴M@D祭
期間:9月11日0時~9月12日24時
参加方法:投稿動画に大会名「9.11政歴M@D祭」と「政歴M@D」のタグをロックしてつける (コピペ推奨)
規則:歴史、政治、経済、軍事ネタなどの新作MAD(替え歌も可)。

女声練習の1週間


うpしてみた。

なんというキモさwww

女声練習3日目

練習3日目の声


うーん……昨日とあんまり変わってないかな……?
すぐに出せるようにはなりましたが、何かまだ地声が残ってる気がします。

ニコニコで女声の出し方という動画があったので挑戦してみた

ニコニコのランキングで「女声を出すには?」という動画が上がってたので、視聴してみる。


……とりあえず、この通りに声を出してみました(まぁ、夜中の2時なので声量は自重しましたが)。

とりあえず口ずさんでみた

ああ、なるほど。
はじめは小さくっていうのはこういうことなんですか……。まぁ、でもこういう出し方だとどうしても滑舌は悪くなるなぁ。
と、今回は完全な裏声による女声の出し方でした。

コメントにあったサイトさんを参考に声を出してみた

前日、Fayさんのコメントにてあったスレを参考にして、女声が出せるか試してみました。
まぁ、昨日気付いたので今日で2日目ですが^^;
まだ「なんと言うオカマヴォイス」ですが……

裏声を出しながら地声でやってみた

メラニー法(だっけ?)っていうを意識すると、どうも声が出ないので、一昨昨日に偶然出た音の方でやってみました。……まぁ、喉の状態は結果的に同じですがw
(ちなみに、裏声を出している最中に地声を出してみる感じでやってます)


【追記】
少し改良して喉の奥から声を出してみた

こっちの方が高い声でますが、ハンパないくらい喉に負担かかるので、5分以上続かないwww

本日のまとめ

……喉死ぬwww
プロフィール

久間知毅

Author:久間知毅
和歌山の南の方出身/学生時代:電気工学→理論計算機科学/歴史小説書きorシナリオ書き,たまにイラスト担当/ニコニコ動画では語学(ドイツ語等)講座,数学講座やドイツ統一史を連載中/TRPG(クトゥルフ,ARA2E),艦これ

ネタ・講座系マイリスト→こちら
ジャンルわけしたもの→こちら

ニコニコユーザページ:user/509254


SkypeID:hisamatomoki
twitterへはこちら
mixiへはこちら
pixivへはこちら

政治ネタ用別館

連絡先↓
下記メールフォームまたは以下アドレスまで。
hisama_tomoki●yahoo.co.jp
(●→半角@へ変換お願いします)

ニコニコ動画mylist
久間知毅さんの読書メーター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。