スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問題を解くときに考えていること

需要あるのかわかりませんが、今のところ自分が試験なり何なりの問題を解くときに気をつけていることなどを書き留めておこうと思います。

例題:階段接合pn接合ダイオードの容量特性を示せ。但し、キャリア濃度はp側NA、n側NDである。n側の空乏層端を座標x=-ln、p側の空乏層端を座標x=lp、接合点を座標x=0とする。

1.未知と既知をわけ、名前をつける。

問題文なり、現状の考えから、未知のものと既知のものをわけて書き出します。そして、極力それに名前を付けます。と言っても、AとかBとかNdとか、そういうものですが。扱いやすければ日本語で付けてもらってもいいでしょう。
例題では、未知のものは「容量特性を示せ」から静電容量Cであるとわかります。既知のものは、キャリア濃度NA,NDと、空乏層の距離lp+lnと、基本的なところで電気素量q=1.602e-19です。

2.前提と条件を書き出す。

問題文や取り巻く環境から、問題の前提となる背景や、束縛される条件を書き出します。変数か定数か、などもここで書いておきます。
例題では、pn接合ダイオードであること、階段接合であること、NA,NDがキャリア濃度であること、空乏層の外側では電界が0になることです。

3.前提条件を満足させる図を書き、未知数と既知数を書き入れる。

落体の運動だとか、振り子運動だとか、電子の振る舞いだとか、問題が示す具体的な図表を描きます。数学だと、幾何学はそのままですし、解析でも与えられた条件でグラフを書いてみます。微分だったら傾き、積分だったら面積の総和……とにかく目で見える形や、考えられる形に持っていきます。あとは、そこに既知の数値と求めるべきものを書き入れます。
例題では、pn接合のバンド図と座標を書き入れ、空乏層、キャリア濃度を書き入れます。そしてその間を平板コンデンサと見立てて、間にCと未知数をおきます。

4.問題を小さく分割し、具体化する。

とにかく、大問だったりなんなりして、そもそも解けるのか? とか思わないためにも、問題を解くのにストーリーを作ります。そのため、問題を小さな、これなら解けるという小さいものに分割します。大目標(問題を解く)ために、途中到達点を作るというところでしょうか。こうすることで問題を解くのが非常に簡単になります。
例題では、「キャリア濃度から電位を求める」「電位から静電容量を求める」にまずわけ、「キャリア濃度から電位を求める」を「キャリア濃度と電位の関係式を導く」にします。「キャリア濃度と電位の関係式」は何かを考え、Poisson方程式を導き、2階微分から微分方程式を解いて電界を求め、E(-ln)=E(lp)=0の条件から定数を求め、E=-gradVより電位Vを出せばいいとわかります。ただ、キャリアはn側とp側にあるので、それも分けます。よって、「n側キャリア濃度からPoisson方程式を導く」「微分方程式を解く」「積分定数を求める」「微分方程式を解く」「p側キャリア濃度からPoisson方程式を導く」「微分方程式を解く」「積分定数を求める」「微分方程式を解く」「電位から静電容量を求める」というストーリーができました。まぁ今回はかなり細かくストーリーを作りましたが、実際は「キャリア濃度を与える」「Poisson方程式を立てる」「E=-gradVの式からVを求める」「VからCを求める」だけで十分です。

5.途中到達点をひとつひとつクリアする。

小さい目標は結構簡単にクリアできます。もしクリアできなかった場合は、最初の問題設定を間違えたか、まだ目標が大きいかのどちらかです。2に戻ってやり直します。
例題では、決めたストーリーをひとつずつこなしていきます。Poisson方程式∇^2 V = -ρ/ε より、一次元だからd^2V/dx^2=-ρ/ε.ρ=qNDで、両辺積分。dV/dx=-qNDx/ε+C.E=-gradVと、E(-ln)=0よりC=-qNDln/εなので、E=qNDx/ε+qNDln/εとわかりました。p側も同様にします。

6.途中到達点も最初の図に書き込む。

小さい目標で立てた変数、求めた値などを書いていきます。可能なら途中の変数もグラフを書いてみましょう。
例題では、n側とp側の電界Eが求まったわけですが、x=0でEが一致しなければおかしいので、ここでNDln=NAlpが成り立ちます。
あとはあわせて-lnからlpまで積分すればVとの関係式は出来上がりです。

7.方程式を立てられるか考える。

未知のものが1つだけの1つの式、未知のものが2つの2つの式などにできれば、あとは方程式を求めれば答えは出ます。
例題では、lnだけがわからないので(Vは逆バイアスにおいてかけた電圧と内臓電位で決まる既知の値)、あとは方程式です。lpも同様。

8.前に似た問題を解いたことがあるか考える。

結構、「あの方法使える!」って経験は多いもので、実際数学などをやっていると感じることが多いです。

9.未知のものを残すように計算する。

未知のものを求めたいわけですから、未知のものがあえて残るようにしながら計算していくと、ごく簡単な式になることがあります。

10.別の見方が出来ないか考える。

これは詰まったときです。
自分の今の条件や、見方が間違ってたり、効率が悪かったりするとき、よく道を見失います。
例題だと、C=dQ/dVの式で出せなかったとき、平板コンデンサで考えてみる、などが考えられます。


……っと、こんな感じでしょうか。
とりあえず、今のところこれで。他に思ったことがあれば書き足すかも。
なお、私の問題解決のやり方に一番影響を与えてるのは、G.ポリア著の『いかにして問題をとくか』でしょうね。この本は対話っぽく書かれているので、わかりやすく「考え方」の手助けになってくれると思います。
スポンサーサイト

ローゼ姉さんのドイツ語講座第25回「受動態」



今回は受動態です。次から2回くらい接続法に入ります。

【遥か地平線の彼方へ】第一章(32)

第一章(32)


 無事ブロサールとの調印が済み、ヘレーネは晩餐会に出席していた。
 小皿に少々の前菜を取った彼女は、中央から少し引いたところにあるテーブルで、ブラスィヤ要人との会話という名の交渉を繰り広げていた。
 それも一段落する頃、ようやく落ち着いてメインテーブルへ脚を向かわせるヘレーネ。
「……いつも思いますが、なんでも黄金を使えばいいということでもないのですけど」
 あえてカレスティア語でぼそりと部屋の様子を愚痴る。
「花の都にもあるでは? ドニャ・エレーナ」
「…………」
 あえて振り向かず、ヘレーネは無視した。
「ほっほっほっ。ではご一緒にいかがですかな」
 ベルス公爵エマニュエルはグラスを目の辺りまで上げてウィンクする。
「わたくしごときと公では釣り合いませんわ」
「紳士と淑女。いい構図ではないかい。プリンセス・エレーヌ?」
「わたくしはあくまでロルカ人ですわ、ヘルツォーク・フォン・ベルツ?」
 男女の役割分担などはアクターニュの価値観だと言わんばかりに、ヘレーネはロルカ語で答える。
「ほっほっほっ。高貴なプリンツェズィン、さながら芳しいローゼのようですな」
「薔薇を冠するに相応しい姫君は他にいらっしゃいますわ」
 言語を目まぐるしくスイッチする少女と紳士の周りに、いつの間にか人が集まっている。
「おっと、プリヴェート! ナージャ・ウラヂーミラヴナ! いかがお過ごしか」
 その中にアリーソヴァ少尉補の姿を見るや、エマニュエルはヘレーネに背中を向けないように彼女のそばへ歩み寄った。
「わ、わたしはヘリェン殿下の警備を……」
「残念だ、残念だ。愛しいサーラはすでに遥か地平線の彼方へ。ナージャ、君だけが残った」
「え、え!?」
「さぁ飲もう、今宵は懐が痛まない」
 エマニュエルはアリーソヴァ少尉補の手を取り、ヘレーネを振り返る。
 と。
「……あれ?」
 そこにはヘレーネの姿は見つからなかった。
「ああ、愛らしいエレーヌ! 両手に花は咲かぬかこの世は儚く」

 大げさな声を遠巻きにしながら、ヘレーネは壁際へ逃れていた。
「……殊更馬鹿を演じるということは、それほどまずい状況ということですわ」
 彼女は、今度は誰にも聞こえないように小さく呟いた。


遥か地平線の彼方へ 過去ログ
キャラクター紹介
キャラクター紹介2
プロローグ
第一章 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19) (20) (21) (22) (23) (24) (25) (26) (27) (28) (29) (30) (31)

【超偏見】個人的に好きな国歌ベスト10

英語でちょっとした論文書く羽目になって、涙目な今日この頃(とはいっても私自身は英語はてんでダメなので、日本語をドイツ語にしてから英語に置きなおしてますが)。

ちょっと息抜きに、こういうものでも挙げておきます。
題して、個人的に好きな国歌ベスト10.
まぁ、紹介程度にはなるかなと^^;

というわけでまず10位から。

10位 『マメーリの賛歌』(イタリア共和国)

こう、じわじわと来るのがカッコいい。
そして最後の「Si!」で燃える!
まぁ、歌詞に対するいろいろな突っ込みはなしの方向で^^;

9位 『星条旗』(アメリカ合衆国)

名曲としては鉄板。
馴染み深い国歌のひとつ。砲撃に晒されるマクヘンリーに未だ立つ自軍旗……涙の出る光景ではありませんか。ああ、まだあそこで同胞は戦っている。

8位 『ブラバントの歌』(ベルギー王国)

ベルギーの公用語はオランダ語(フラマン語)とフランス語、ドイツ語です。
フランス語の優雅さもドイツ語、オランダ語の力強さも味わえて個人的にはかなり好きだったり。

7位 『ラ・エスペーロ』(エスペラント)

国歌じゃないじゃん! という突っ込みはなしの方向で。
ニコニコのエスペラント講座見て以来、頭から離れない歌です……。一応、エスペラント界の国歌ということでランクインさせていただきました。

6位 『廃墟からの復活』(ドイツ民主共和国<東ドイツ>)

ドイツの歌は結構好きで聞きますが、行進調のじわじわと来る感はあいかわらず好きなようです^^;
そういえば、グッバイレーニン!この間見たなぁ……。

5位 『君が代』(日本国)

説明不要ですね。
個人的には『愛国行進曲』とか『日の丸行進曲』も好きなんですが^^;
静かな曲調で厳かに歌い上げられる君が代は、他の国歌にはない素晴らしさがあると思うんです。

4位 『神よ、女王陛下を守りたまえ』(英国)

君が代と同じノリですが、こちらはどちらかというと「壮大」な感じ。君が代は「厳か」ですが。

3位 『世界に冠たる我がドイツ』(ドイツ連邦共和国)

君が代以外で一番最初に歌詞を覚えた国歌だったり^^;
ドイツ好きだと、「ueber alles in der Welt」で燃えるw

2位 『ラ・マルセイエーズ』(フランス共和国)

超過激な歌詞で有名なフランス国歌ですw
サビの燃え具合だけならダントツでトップです。さすがは革命歌!
こんなの歌いながら士気旺盛に突撃してこられたら、ヴァルミーじゃ負けるわなぁ^^;

1位 『祖国は我らのために』(ロシア連邦)

個人的に一番好きなのはこちら。ロシア国歌です。
まぁ、メロディはソ連国歌と同じですが^^;
ともかく、雄大さにしても盛り上がりにしても、どれをとっても最高だとは思いませんか?
……聞きまくってたら、すでに憶えてしまって空で歌える始末^^;



……と、こんな感じですかね。
まぁ、どうしても歌詞の言語がわかる歌が上位に来るのは仕方ないですが……^^;
本音を言うと、10位は中国の『義勇軍行進曲』と悩んだんですが、僅差でイタリアにしておきました。
行進曲系は基本的に好きですしね^^;
あとは、カタールの国歌も結構聞きました。イスラエルも知ってはいますし、美しいといわれるのはわかるのですが、「個人的」にはあまり暗すぎるとねぇ……。

それにしても、どうして同じこと言ってもフランス語だとこんなに響きが綺麗なんだろう^^;

というわけで、オチらしいものはないですがこれにて。

【遥か地平線の彼方へ】第一章(31)

第一章(31)

「……なにか、寒気がしますわ」
「姫様?」
 ザンクト・ニコラスブルク、バルィクム駅到着の列車から降りたシュタールブルク王女ヘレーネはぶるっと身震いした。
「すみません。コートが薄すぎましたか?」
「そうではなくて……何か、嫌な身震いでしたわ……」
 エリカ給仕長に荷物を持ってもらい、ヘレーネは答える。
「ようこそおいでくださりました、エレーヌ殿下」
「お出迎え感謝しますわ、コンスタンディノス閣下」
 マヴロミハリス外相と握手を終えたヘレーネはすぐに手袋をはめる。
「やはり、寒いですか」
「ニェート・ニ・ナーダ(お気遣いありませんわ)。出来れば大統領の下へ早く送っていただきたいところですが」
「すぐに手配いたします」
 深めに帽子を被り、首をすくめるヘレーネに苦笑した外相は、手早く馬車へ案内する。
「後列の馬車へお願いします」
「……わかりましたわ」
 駅の前には、物々しい警備と複数の馬車が控えていた。それだけでヘレーネは何かを悟ったようだった。
「殿下、こちらです」
 外相は前から二番目の馬車に乗り、ヘレーネは後列の一台である。その中へ、警護の士官らしき者が案内する。
「あら、貴女は……」
「いかがなされましたか?」
 馬車に座乗したヘレーネは、自分の前に座る士官が女性であることに気付く。
「ニチヴォー・ストラーシュナヴァ(いえ、たいしたことではありませんわ)」
「わかりました。わたしはこの度ヘリェン殿下の警護を担当させていただきます、ナヂェージュダ・ウラヂーミラヴナ・アリーソヴァ国防軍少尉補です。何なりとご希望を申し付けください」
 ブラスィヤの政治改革、教育改革は男女の区別なく行われ、公務員や教員、軍人になる際に性別による差別は西欧よりもなくなっていた。そのため、サラやアリーソヴァ少尉補のような存在は当たり前になりつつあった。
 そこに、近代化を急ぐため思い切った改革を行うブラスィヤ政府の意思をヘレーネは感じ、同時に警護に女性を当ててきたブラスィヤ政府の気遣いに感謝した。

 大統領府に到着し、アリーソヴァ少尉補を下がらせると、ヘレーネはマヴロミハリス外相の案内で迎賓の間へ脚を進めた。
「ご機嫌麗しゅう、マドゥモワゼル・エレーヌ」
「……ベルス公。……相変わらずですわね」
「午後が楽しみだ」
「わたくしとしては憂鬱ですわ」
 手を額に当てて大げさに嘆いてみせるヘレーネ。エマニュエルはそれを満足げに眺め、廊下をすれ違った。




遥か地平線の彼方へ 過去ログ
キャラクター紹介
キャラクター紹介2
プロローグ
第一章 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19) (20) (21) (22) (23) (24) (25) (26) (27) (28) (29) (31)

この内容で伝わるのかと思う今日この頃

連載中の『遥か地平線の彼方へ』ですが、現在第一章第30話から少し、ブラスィヤ内政編を書いていますが……モデルのロシアの内政改革の知識やロシア語、フランス語の知識がないと読むときにきついかも……^^;
(作中に断りなく「ドイツ人名」→「フランス語読み」→「ロシア語読み」が普通に出てきますし。このままだと普通に登場人物が愛称で呼び合いだすと、もっとカオスになる気が^^;

例:ミハエル(独)→ミハイル(露)→ミーシャ(露・愛称)

まぁ、すでにヒルデは愛称で呼ばれてますが。ローゼも「ロシィ」という言い方が……。ヘレーネも「ネネ」っていいますし。

↑で挙げた、独仏露の読み方が混在してるのはヘレーネでしょうか。ヘレーネ、エレーヌ、ヘリェン……などなど。
出てきても、地の文では「ヘレーネ」で統一してますので、混乱はしないと思うんですが……統一したら返って不自然ですしね、言語的に。うーん……。ヘレーネのややこしいのは、「シャルロッテ」から「ロッテ」とも呼ばれたり、「シャルロット」だったり「シャーロット」だったりすることもあるということが……。

……まぁ、仕方ないと割り切って続き書きます。

【遥か地平線の彼方へ】第一章(30)

第一章(30)

 一八六八年。零下のブロサール共和国首都ザンクト・ニコラスブルク、大統領執務室。
「閣下。お疲れのようですな」
「……ベルス公。また反乱の報告だ。これで何度目か」
 報告書から目を離し眼鏡を外したのは、ブロサール共和国第三代大統領イヴァン・イリイチ・コルガノフ。机を挟んでソファにくつろぐは、ブロサール国民会議議長エマニュエル・ド・ベルスである。
「ブラスィヤを統治するには鉄の手が必要だ。しかしその手には手袋をはめておく必要がある、とは言うがね」
「公よ。それでは改革の意味がない」
「ただの戯れだ」
 エマニュエルはポケットからマッチを取り出し、葉巻に火をつけた。
「戯れでは済むまい。公までそのようなことを言い出せば、ただでさえ反動化してきているブラスィヤはどうなる」
 議長は紫煙を口に含み、ゆっくりと吐き出す。
 葉巻の甘い香りが執務室に漂った。
「それほど根を詰めなさるな。議員の説得はすでに始めている」
 ――我が国は遅れている。
 先のスィナン、カルヴァート、アクターニュ連合との戦争で痛感した現実を、大統領と議長は噛み締めていた。半世紀前のオルラレン戦争後の青年将校たちの蜂起は貴族社会に潰されたが、敗戦により打ちのめされた今度の改革は着実に実を結び始めていた。
「そういえば、閣下」
 険しい顔から穏やかな顔に戻ったエマニュエルの声は弾んでいた。
「シュタールブルクの姫君はそろそろ到着するのでは?」
「マヴロミハリス外相を向かわせているが……公は面会の予定があったように思うが……」
「引き続き教官を送ってもらわねばならないからな。司法改革はまだ三年目だ」
「アクターニュの手はあまり借りたくない……だが、友好国のプルーセンも社会制度では後進国だ」
「成熟した市民がいないのは、我々とて同じ。民を富ませて教育を施さねば、国民軍は作れない」
 もう二度と、クリミル戦争のような無様な真似は嫌だ。ブラスィヤの首脳らは打ち倒される軍旗を眺めるしかなかった苦い記憶を振り払いたい。
「ともあれ、個人的には若い娘(こ)と久々に話せるのが楽しみだが」
 立法府の長の口から出たとは思えない台詞に、大統領は力なく息を吐く。
「公には養女(むすめ)さんがいるでしょう」
「それはそれ、これはこれ」
「……それだから公は誤解されるんだ」
「問題はないさ。見るのはいいが手は出さん。紳士のたしなみだよ」
「猊国の紳士方に謝ったほうがいいと思うぞ」
 互いに肩の力が抜け、いつの間にか青年将校時代の口調に戻っていた二人であった。





遥か地平線の彼方へ 過去ログ
キャラクター紹介
キャラクター紹介2
プロローグ
第一章 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19) (20) (21) (22) (23) (24) (25) (26) (27) (28) (29)

代名詞が多い歌詞は変えるの難しい

……というわけで、SHの『朝と夜の物語』を元に半導体工学ネタで作ろうかと思ってる今日この頃。
といっても、諸事情でかなりスローペースですが。

ただ、固有名詞なら多少長いので変えるのは楽なんですが、代名詞は短いので変える時にちょっと苦労する気がする今日この頃^^;

カラオケ行ってきた

ちょっとした行事が一段落したので、打ち上げでカラオケに行って来ました。

……と言っても、6年ぶりのカラオケ。どうなるかなと思ったのですが、友人が最初からバラライカを「やらないか」の替え歌で熱唱。

一同大爆笑www

まぁその後、盛り上がってきて、私が「未来への咆哮」を入れて、すかさず別の友人は「SKILL」を、それを見た別の友人は「GONG」、すると最初にやらないかを歌った子は「マジンガーZ」、じゃあ、ということで「勇者王誕生!」で、続いて「ウィーアー!」……

喉が涸れるwww

で、最後の方で私がTM Revolutionの「White Breath」を歌うと意外そうな声が^^;
そういうキャラに思われてないっぽい……?

(あと、ウマウマのときにやらないかの友人と前で踊っていたのはまた別の話。場の空気で酔ってたなと今更^^; ただ、あのダンスは腰にくる……

プロフィール

久間知毅

Author:久間知毅
和歌山の南の方出身/学生時代:電気工学→理論計算機科学/歴史小説書きorシナリオ書き,たまにイラスト担当/ニコニコ動画では語学(ドイツ語等)講座,数学講座やドイツ統一史を連載中/TRPG(クトゥルフ,ARA2E),艦これ

ネタ・講座系マイリスト→こちら
ジャンルわけしたもの→こちら

ニコニコユーザページ:user/509254


SkypeID:hisamatomoki
twitterへはこちら
mixiへはこちら
pixivへはこちら

政治ネタ用別館

連絡先↓
下記メールフォームまたは以下アドレスまで。
hisama_tomoki●yahoo.co.jp
(●→半角@へ変換お願いします)

ニコニコ動画mylist
久間知毅さんの読書メーター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。