スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【遥か地平線の彼方へ】第一章(31)

第一章(31)

「……なにか、寒気がしますわ」
「姫様?」
 ザンクト・ニコラスブルク、バルィクム駅到着の列車から降りたシュタールブルク王女ヘレーネはぶるっと身震いした。
「すみません。コートが薄すぎましたか?」
「そうではなくて……何か、嫌な身震いでしたわ……」
 エリカ給仕長に荷物を持ってもらい、ヘレーネは答える。
「ようこそおいでくださりました、エレーヌ殿下」
「お出迎え感謝しますわ、コンスタンディノス閣下」
 マヴロミハリス外相と握手を終えたヘレーネはすぐに手袋をはめる。
「やはり、寒いですか」
「ニェート・ニ・ナーダ(お気遣いありませんわ)。出来れば大統領の下へ早く送っていただきたいところですが」
「すぐに手配いたします」
 深めに帽子を被り、首をすくめるヘレーネに苦笑した外相は、手早く馬車へ案内する。
「後列の馬車へお願いします」
「……わかりましたわ」
 駅の前には、物々しい警備と複数の馬車が控えていた。それだけでヘレーネは何かを悟ったようだった。
「殿下、こちらです」
 外相は前から二番目の馬車に乗り、ヘレーネは後列の一台である。その中へ、警護の士官らしき者が案内する。
「あら、貴女は……」
「いかがなされましたか?」
 馬車に座乗したヘレーネは、自分の前に座る士官が女性であることに気付く。
「ニチヴォー・ストラーシュナヴァ(いえ、たいしたことではありませんわ)」
「わかりました。わたしはこの度ヘリェン殿下の警護を担当させていただきます、ナヂェージュダ・ウラヂーミラヴナ・アリーソヴァ国防軍少尉補です。何なりとご希望を申し付けください」
 ブラスィヤの政治改革、教育改革は男女の区別なく行われ、公務員や教員、軍人になる際に性別による差別は西欧よりもなくなっていた。そのため、サラやアリーソヴァ少尉補のような存在は当たり前になりつつあった。
 そこに、近代化を急ぐため思い切った改革を行うブラスィヤ政府の意思をヘレーネは感じ、同時に警護に女性を当ててきたブラスィヤ政府の気遣いに感謝した。

 大統領府に到着し、アリーソヴァ少尉補を下がらせると、ヘレーネはマヴロミハリス外相の案内で迎賓の間へ脚を進めた。
「ご機嫌麗しゅう、マドゥモワゼル・エレーヌ」
「……ベルス公。……相変わらずですわね」
「午後が楽しみだ」
「わたくしとしては憂鬱ですわ」
 手を額に当てて大げさに嘆いてみせるヘレーネ。エマニュエルはそれを満足げに眺め、廊下をすれ違った。




遥か地平線の彼方へ 過去ログ
キャラクター紹介
キャラクター紹介2
プロローグ
第一章 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19) (20) (21) (22) (23) (24) (25) (26) (27) (28) (29) (31)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

久間知毅

Author:久間知毅
和歌山の南の方出身/学生時代:電気工学→理論計算機科学/歴史小説書きorシナリオ書き,たまにイラスト担当/ニコニコ動画では語学(ドイツ語等)講座,数学講座やドイツ統一史を連載中/TRPG(クトゥルフ,ARA2E),艦これ

ネタ・講座系マイリスト→こちら
ジャンルわけしたもの→こちら

ニコニコユーザページ:user/509254


SkypeID:hisamatomoki
twitterへはこちら
mixiへはこちら
pixivへはこちら

政治ネタ用別館

連絡先↓
下記メールフォームまたは以下アドレスまで。
hisama_tomoki●yahoo.co.jp
(●→半角@へ変換お願いします)

ニコニコ動画mylist
久間知毅さんの読書メーター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。