スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【暫定版】小説・シナリオなどのストーリーの作り方

ストーリーの作り方

 腰痛Pのところで話題になっていたので、以下に私の小説およびシナリオの、ストーリーの作り方を書いてみようと思います。また、今後後輩指導等の目的でまとめることになると思いますが、取り急ぎ「ストーリーの作り方」と「そのまとめ方」について。

1.目的
 「目的」と言っても、そうたいそうなことではなく、要するに「何を書きたいか」ということです。
 シーンを書きたい人は、例えば「熱い戦闘シーンを書きたい」「感動するシーンを書きたい」「女の子といちゃいちゃするシーンを書きたい」「年上の女性に勉強を教えてもらいたい」などなど。
 キャラクターを書きたい人は、「献身的な幼なじみ」「元気いっぱいの後輩」「虚弱体質な天才肌」「頼れるけどちょっぴりいぢわるなお姉さん」などなど。
 世界観を書きたい人は、「剣と魔法の世界」「現代で学園モノ」「科学と魔法が交差する世界」「近代ヨーロッパの仮想戦記」などなど。
 このような、とりとめのないことで十分です。つまり「何を書きたいか」ってだけのことです。別に何かのパクリでも、この段階では何も問題はないです(というか、たいてい人間が考えることなんて同じなんで、この時点で「どこかで見たなぁ」と思うことはむしろ普通)。
 では、目的も決まったことですし、次のステップに移行します。

2.目的を膨らませる
 書きたいモノが決まったら、次はそれを膨らませる作業です。
 まぁ、膨らませるといっても、書きたいモノが複数あるということが普通ですし、何でも好きなことを混ぜ込みたいという欲望も湧いてくると思うので、ただそれを紙に並べていきます。これは箇条書きで十分です。
 もし書きたいことがひとつだけ(世界観だけってことが多い)なら、そこから付随してくる書きたいシーンを並べていけば大丈夫です。
 さて、続いてそれらを組み合わせます。

3.組み合わせる
 書きたいモノがある程度具体的に固まったら、次はそれらを繋ぎ合わせる作業です。
 例えば、Fig.1のように書きたいモノをノードとするグラフを描いてみます。

Fig1.gif
Fig.1 書きたいシーン抽出


 これらを繋げるのですが、普通にやるとまず繋がりません。では、どうしましょう。
 そうです。間に別の状態を置けばいいですね。ただ、ここではまだその状態の中身は書きません。とりあえず、何かあると考えます(Fig.2)

Fig2.gif
Fig.2 状態の追加


 では、次から具体的に考えていきます。
 まず、書き出しと結末――ここでは便宜上、開始状態と終了状態と呼んでおきます――を決めます。これがすでにある状態(シーン)にあればいいのですが、ない場合は仮にでも決めておきましょう(Fig.3)。

Fig3.gif
Fig.3 開始状態と終了状態


 さて、ここまで来れば、あとはそれぞれの状態(シーン)を実際に結んでいきます。最初にやることは、状態を順番に並べることです(Fig.4)。

Fig4.gif
Fig.4 状態の順序付け


 並べ終わったら、間を埋めていく作業です。状態の中身を書いて、その状態にどうしたら行くのかの理由とその結果を矢印の上に書いて結びます(Fig.5)。

Fig5.gif
Fig.5 状態遷移の記述


 ここで注意です。あらかじめ作った、書きたい状態(シーン)と、追加した状態は区別してください。これは、追加する状態は切ったりつけたりまた間に追加したりするのに対し、はじめから「書きたい状態」とした状態はチェックポイントとなっているからです。
 何かあれば、無理やりそこに繋げていけば、とりあえず最後まで書けるという保険ですね。
 以上のような手順で開始状態から終了状態まで繋げたものを、仮のストーリー案とします。

※ わかる人はわかると思いますが、有限オートマトンが受理(=作品が完結)するように、入力を物語の進行として作っただけです。

4.プロット表
 3で作ったグラフを元にして、プロット表を作っていきます。ここで言うところのプロット表とは、作品のタイムスケジュールか何かだと思っていただければいいでしょう。
 おそらく、このプロットを作る段階で、「あれ入れたいなぁ」とか「これ無理があるんじゃないかなぁ」とか考えると思います。そのときはもう一度3に戻って繋ぎなおし、この作業に舞い戻ってきます。そうやって3と4を行き来して、ストーリーを練っていきます。
 ここで忘れないで欲しいのは、最初に決めた状態(シーン)はチェックポイントとして使っているので、絶対にそれからは外れないようにすることです。

5.執筆開始
 ここまで出来れば、あとは設定集をつくれば書き出せると思います。設定集の作り方は今回は割愛します。
 再び注意です。執筆が開始されても、途中で「あ、ここはこうすればもっと良くなる」と思うことがよくあります。そのときも、もう一度3に戻って、チェックポイントだけは外れないように状態の繋ぎなおしや追加や削除を行います。
 チェックポイントさえ押さえていれば、作品はとりあえず完成しますので、それだけはブレないように注意しましょう。
 1作品でも完成しない内は、自分の力量や力を入れるポイントを把握できないため、何が何でも、どんなに変になってでも完成させることが肝要です。この点強調しておきます。



 以上のように、私はストーリーを考えています。まぁ、私自身が設定厨なために、もうひとつの柱である設定表の説明が欠けている時点で片手落ちな感はありますが、ストーリーに関してはこれでだいたいはカヴァーできていると思います。

 ちなみに、AVGやノベルゲームを作る際には、イベントCGを使う場面もチェックポイントに入れる必要があります。そうしないと、あとで絵師に何を言われても知りませんよ^^;


……うーん、我ながらわかりにくい説明だなぁ。
とりあえず、即席ではこんな感じなので、また後日もっとわかりやすくまとめられれば、と思います。
ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

久間知毅

Author:久間知毅
和歌山の南の方出身/学生時代:電気工学→理論計算機科学/歴史小説書きorシナリオ書き,たまにイラスト担当/ニコニコ動画では語学(ドイツ語等)講座,数学講座やドイツ統一史を連載中/TRPG(クトゥルフ,ARA2E),艦これ

ネタ・講座系マイリスト→こちら
ジャンルわけしたもの→こちら

ニコニコユーザページ:user/509254


SkypeID:hisamatomoki
twitterへはこちら
mixiへはこちら
pixivへはこちら

政治ネタ用別館

連絡先↓
下記メールフォームまたは以下アドレスまで。
hisama_tomoki●yahoo.co.jp
(●→半角@へ変換お願いします)

ニコニコ動画mylist
久間知毅さんの読書メーター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。